おいらとモノポリーしよう!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
勝つこと 00:42
 勝ちにこだわらなくなってしまった。

モノポリーをする人にとって、何を大事と考えるかはもちろん人それぞれなのだけど、
昔に比べて、「勝つこと」を大事に思わないようになった。

やたらバランスをとりたがるところも、オカルティックなジンクスを実践するところも、
勝ちから遠ざかる行為でも「むこうずねに蹴りを入れる」ことをよろこぶところも。

でもそれって、きちんと勝つことを目指して王道?を進もうとする人には
「失礼」なことをしているのだろうな、と思う。
決して馬鹿にしようとしているわけではないのだけど、でもそう取られても仕方ないかもしれない。
気分を悪くしている方もいるかもしれない。ごめんなさい。

自身で会を主催する身としては、「勝ちにこだわる事は裾野を広げることにはつながらない」と思っているので、「勝ちにこだわる自分」にはあまり未練はないのだけど。

でも、申し訳ないけど、初心者がいる卓では、「自分が勝ちにいく」ことより、「初心者のアシストをする」ことや「ベテランの目を潰す」方が楽しく感じてしまう。
誰もがモノポリーしないように、鉄道を集めにいったりしてしまう。
結構、屈折してしまっているのかもしれない。

ただ、問題は、ガチ卓でも、のんべんだらりんとしてしまうようになった事。
まじめにやれるときはまじめにしないと駄目じゃん。反省。
| モノポリー:その他 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
マナー 00:11
今年の選手権に出て思うこと:
 モノポラーって、こんなにマナー悪かったっけ?
 大阪もそう、名古屋でもそう。
 
 モノポリーの裾野を広げたいなーと、普段から思っていた。
 モノポリーを始めて間もない方に大会を勧めるのは、色々なモノポラーの
 アクロバティックな(褒め言葉)交渉を見て欲しいなーと思っていたから。
 そこに感動して欲しいなーと思っていたから。
 感動したら続けてくれるかなーと思っていたから。
 自分が、そうだったから。

 でも、今年の予選に出て。
 初心者にはシードのかかった大会を勧めてはダメだ、と思った。

 あれでは、「また大会に出たい!」と思ってくれるはずがない。
 あのマナーの悪さでは、「またあなたとモノポリーをしたい」と思ってくれるはずがない。

 今日の一勝を掴むために、モノポラーは、これから10年間一緒に
 遊んでくれるかもしれない人を失っていっているのではないかと思った。

 具体的な話は書くまい。

 人事ではない。
 多分自分もこれまでに、多かれ少なかれ、そのような面があったのではないかと
 名古屋予選の帰り道、車に揺られながら猛省した。
| モノポリー:モノポラーの方へ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
失踪の経緯 21:02
 3月1日夕方:入院。
肺に水が溜まっているため。二週間の予定。
横になると息が苦しくなり眠れない、時々呼吸が詰まる、などの症状。
でも、自分で車を運転できたし、入院の荷物も自分で持って行ったし、まぁ2週間の入院なら春休みの忙しい時期には間に合うし、この間3年生送り出したところだし、OMC間に合うかな…という程度の認識。

3月3日:転院。
実は肺ではなく心臓がやばいということが分かり、急遽転院。
循環器内科の施設がそろっている病院まで救急車で搬送。救急車は人生で4度目?
この時点でも、自分にはそんなに「ヤバい」という意識はなく、救急車内でもふつーに座っていたし。
救急車の後ろを追いかけてきていた家族の運転のほうを心配していた。
そのままICU?CCU?へ担ぎ込まれる。
尿道カテーテルはおそらく今までの人生で(いろんな意味で)一番痛かった(><)
首から心臓にもカテーテル通す。
心臓にかける負担をできる限り減らす為に、利尿剤。尿だけで5kgくらい痩せる。

3月某日:意識朦朧?
ICUにいる間、周りからうめき声やら苦痛の叫びやらがとめどなく聞こえる。
心臓や肺が痛いという自覚症状も多少はあるが、そんなのより周りの声、音、看護士や医者の話し声が心的負担。
どんどん考えが悪い方向に向かう。
結構、覚悟した(後から聞いた話では、転院時に家族には「最悪、覚悟しておいてください」という話だったらしい)。
看護士とはまだ事務的な会話しかできない。
計器が計る心臓の強さ?を表す数値を見ては一喜一憂。
寝たきり。点滴3箇所。絶食。口から入れられるものは1日数百ミリリットルの水分だけ。

3月:手術1、2、3
・首から心臓にカテーテル
・肺の水を出す
・足首の付け根からペースメーカー
まだあったかもしれない。

3月中旬:選択
先生の提示された手術に同意できなかった。ごめんなさい。
心臓にちょっとでも傷をつけるのは怖かったのです。
薬で経過観察して徐々に慣らす方針に変更してもらう。感謝。

03月中旬:震災
部屋の天井に備え付けてあるアナログテレビを見れるくらいまでには回復。
地震があったことを発生数日後(テレビをはじめてつけた日)に知る。
テレビは良い気分転換になるかと思ったが、どの局も連日震災報道とACのCMだらけで、逆効果。

3月連休前:一般病棟へ移動
様々な音が苦しく感じるICUから一般病棟に移れることに。
ICUでは看護士の顔を覚える余裕がなかった。声しか覚えていない(><)
まだ体を起こすことは禁止。寝たきり。

3月連休後:携帯
ICUではさわれなかった携帯が手元に来た。
3月のOMCの例会の日に電話が何本もかかってきていて愕然。
方々に状況報告をする。

4月上旬:詐欺
上半身を起こすところまでは許可が出る。ベッドから出るのはまだ駄目。
寝たきりだと腹の肉が重力で沈むため、おなかがずいぶんとへっこんだイメージだったのだけど、
起きてみると腹回りに結構残ってる(><)まだつまめるじゃん。
先生に脂肪吸引もよろしくとか言ってみる。

4月上旬:OMC4月例会
入院中はお休みにしようと思っていたのだけど、代理で開催していただけるということになったので
震災チャリティーをお願いする。
負担かけてごめんね。

4月9日:見舞1
仕事関係の方が見舞いに来てくださっている中、関西のみんながわざわざ舞鶴までお見舞いに来てくれる。
9日見舞→夜島ノ関→10日OMC例会という強行スケジュール。
多謝。

4月14日:病院食
1日一食だけ許可が出る。
お米がおいしい。
ヤクルトのジョアがおいしい。
一日の点滴量が徐々に減ってゆく。

4月16日:見舞2
ありありさん来。
翌日のカタンの大会のついでとおっしゃってくれたが、伊丹空港から舞鶴まで電車で3時間かかったそうだ。
ひたすら多謝。
ドリームカップの全譜をいただく。

4月下旬:検討
ドリームカップの譜を全ゲーム並べる、PCに入力してみる。
看護士に「お仕事大変そうですね」と勘違いされる。
楽しいことをしているときは時間がたつのが早い。
譜の形式が記入者によって異なる→分かれば何でもよし。
譜に足し算できない氏の発言のみが大量?に→結構辛辣(^^)

4月下旬:退去
借りてたアパートの荷物を両親に整理してもらって、退去。
あまりの部屋の汚さ(本だらけで足の踏み場がベッド周辺にしかない等)に酷評される。
貴重な本はほとんど処分されてしまっていました(><)

4月下旬:兆し
点滴で心臓に入れてた薬が徐々に減り、飲み薬へと置き換わってゆく。
首から伸びている点滴が外れる日は近い!
首点滴は飼われている犬を想起させて駄目。

5月初旬:散歩
立ち上がる許可が出る。
数回足首に痛み。以降は慣れる。
部屋の中ならうろうろしてよいとのこと(ただし首輪付)。

5月連休中:放し飼い
首から点滴が取れる。
後は尿の管だけ。

5月連休中:OMC5月例会
退院するまでお休みにするつもりであった。
だって、うちが行けないと、うちがつまんないじゃん(ぇ
結局、ピグモン氏に甘える。

5月連休後:病室モノポリー
竜市氏、うまそう氏来。3モノ。竜市旋風止められず。
久々に充実した1日。多謝。
途中で測った血圧は正常値そのもので安心。
普段の血圧がかなり低めなので、これは、「モノポリーすると血圧良くなる」と勝手に確信。

5月中旬:自由1
すべての管が取れる。
心臓の飲み薬の量徐々に増加。効果が出てはすこしずつ増える。
シャワー許可。頭のかゆみよ、さらば。

5月中旬:自由2
部屋の外に出て、1日1周まで病棟4階を散歩することが許可される。
世界が広がる。

5月下旬:自由3
院内を散歩できるようになる。
一日の運動量、院内ウォーキング15分×2セット。

6月3日:退院
心臓をいじっていないので、正確な原因は分からずじまい。
まぁよくなってきてるから、いいじゃないか。
会社に出す診断書には4つ病名が記載されていた。
人は病院に行くことによって病気を認定される、とは予備校時代の先生の言。
自宅療養開始。

6月12日:OMC
1ゲームだけ顔を出す。
ゲームするのが一番の療養です。

6月16日:通院
数値は順調に回復。

6月25日:契約
新しくアパートを借りる。
「豚小屋同然」から「馬小屋程度」へ僅かにグレードアップ。
日本は住むところにお金がかかりすぎる。

6月30日:引越予定

7月1日:仕事復帰予定
| 雑役係の日常 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
めも。 18:30
大会などに使われるポイント制について整理したいなー。

---
モノポリーをする上で(モノポリーだけではないでしょうけど)、プレイヤー全員が守らなければならない、いくつかの暗黙のルールがあります。
    ・一つでも上の順位を目指す
    ・モノポリー勝ちを目指す
    ・自殺をしない(最後まで生き残ることを目指す)

簡単に言うと、上の3つをどのように重視するかによって、大会システムは変わると思うのです。

でんが考えたいのは以下のことです。
    1. 5位破産と4位破産には差はないのか
    2. 生き残りと破産に差はないのか
    3. モノポリー勝ちと非モノポリー勝ちにはどの程度差をつけるべきか
    4. 6人ゲームと5人ゲームの差はどのくらいか
    5. (以上のことを踏まえた上で)大会を運営する際の効率
    6. 大会主催者のターゲット

| モノポリー:その他 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
知恵をかしてください 18:23
入院している間、暇に任せて書いてみました(てへ)。
だらだら書いたので長くなってしまいました。駄文に付き合ってもかまわない方だけどうぞ

---
その日初めてモノポリーを体験する、あるいは身内でやったことはあるものの、例会やモノポリーナイトなどのイベントに初めて足を運んでくれた、いわゆる初心者さんの扱い…というか対応の仕方について、会を運営する立場としては色々考えることがあります。

初めて来てくださった方が、面白かった、また遊びに来よう!…と思うに至るには、運営スタッフはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。


普段でんが考えていることを思いついた順にかいてみようと思います。
そして是非、多くの方から、こういう風にしたらいいんじゃないか/それは違うんじゃないか…というご意見をいただきたいです。

モノポリー界の活性化…とまで大それたことは言いませんが、でんと一緒に遊んでくれる人をもうちょっと増やす為に、みなさんの知恵を拝借できれば幸いです。



1.一人にしない
ますは、なんといってもこれなのではないかな、と。
初めて遊びに来たのに、自分にかまってくれる人が居なかったり、仲間内だけで話が盛り上がってたりして疎外感を感じるようでは駄目かな、と思うのですよ。
別にべったりマークしてずっと話をしろというわけではないですけど、感想戦終わってから次のゲームを始めるまでの間(OMCではゲームとゲームの間が約30分、感想戦しても15分とか20分あります。コンビニまで走ったり一服したり色々してます)、誰も何も話しかけないようではいけないのでは?と考えています。そしてその間、モノポリーの話題ばかりでも駄目なんだろうなぁ、とも。

    …正直なところ、でんは初対面の人に対する対人スキルがかなり低いです。特にモノポリー以外の話題はからっきし駄目です。仕事柄、高校生以下くらいの年齢の方にはそうでもないのですが、OMCでも一度、初めての方に「今日は何を見てこられました?」「モノポリーのルールなどはご存知ですか?」とだけ質問してから(何かすることがあるわけでもないのに)ぶっつり会話を切ってしまい、「…それだけかいっ!」と横から突っ込まれたことがあります。
知っている方と話すときはそんな風には見えないかもしれませんが、いまだに初めての方が来られると緊張します。話題に乏しいツマラナイ奴なんです(><)
(そしてS氏やU氏やI氏のような社交性スキルを持った方や、S氏のような直線的に突っ込んでいける?方をうらやましく思います。チャンプがいてくれたらなぁ、といまだに思います。)

また、同じような状況?として、初心者が早く破産してしまった…という場合があります。ゲームが終わるまで(みんなゲームに熱中してしまって)意外とその方を放置していませんか?

スタッフが多いのなら、初めに一人、ワザとゲームに参加しないで、早く破産した人の相手になってもらう(次の卓を立てたり、ガイスターやドミニオンしたり)ということも考えるのですけど、さすがにそれが出来るのは人数の多い関東だけかなと思います。(というか、初めてモノポリーしに来た人に他のゲーム遊ばせたらだめじゃん!)

破産した初心者さんに意識を向けて解説なり話題をふったりしながら、ゲームをするのって、思ったより難しくないですか?



2.卓を囲むメンバーを選ぶ
まず誤解しないでほしいのは、少なくともでんは、あの人は交渉がしつこいとか怖いとか難しいとか、そういう理由で対初心者卓のメンバーを選ぶのではありません。正直昔は苦手でしたが(笑)、今は荒波にもまれて少し耐性がつきました(ぇ

理想論からすれば、でんは、会を運営する立場として、できるなら初心者さんはスタッフだけで卓を囲むべきであると思っています。
理由は簡単で、みなさんはお金を払って会に参加してくださっている以上、自分の好きなスタイルでモノポリーを楽しんでいってほしいからです。スタイルというのは単に競技モノポリーかそうでないかというレベルから、戦略的な面や、叫んだり立ち上がって祈りをこめてダイスを振る(笑)といったプレースタイルも指します、要は、初心者卓につくことによって、普段自分がしているモノポリーを一部制限しなければならない人は初心者卓につくべきではないと思っているのです。逆に、自分のプレースタイルを制限してでも(楽しみを二の次としても)、新しい人を迎え、仲間を増やしたいなぁと考える人こそがスタッフをするべきだと思うのですよ。

建前としては上の通りなのですが、なにぶんOMCはスタッフが…(><)
また、先のはスタッフ側の理想であって、初心者を増やすという観点からの意見ではありませんでした。

では、初心者を増やすためにはどういうメンバーで臨むべきかというと、「自分のスタイルのうち、初心者卓ですべきでないスタイルが何かを分かっていて、それを自制できる人」です。…ま、ときどきうっかり地が出ちゃうのは仕方無しとして(笑)
恫喝しない、長い/しつこい交渉をしない、人の駒を勝手に動かさない(ほとんどの場合、親切心からなんですけどね)、専門用語を使わない(後述します)、ほとんど何も話さない…書けばいくらでも出てきます。みなさんも、考えればあれこれ浮かびませんか?それを(少なくともある程度)自覚していて、初心者卓では封印できる人。

逆に、どんなにベテランモノポラーであっても、「初心者卓に入る」=「初心者への交渉を甘くしてあげる」だけだと考えている人は初心者卓に入れるべきではないと思います。…偉そうに言ってますけど、でん自身が、割と長い間、そのように考えていました(><)
「初心者卓に入ってください」と、お願いするほうとお願いされたほうで受け取り方が異なるのでは、やっぱり、残念な結果になってしまうと思うのですよ。むぎゅう。

ま、実際のところ、別に競技モノポリーしたい人が初心者卓に混じっても構わない…というか、よほど最初の卓決めの際に意図的にメンバーを選ばない限りそうなりますよね(そしてそれは、選ばれなかった人に良い印象を与えるものではないと思います)。なので、初心者保護(笑)の意識のある方が頑張って転がしましょう。



3.専門用語を使わない
「倍鉄」「電水」「議長」「6軒でやりませんか?」…モノポラーにとっては当たり前な用語ですけど、初心者卓では使うべきではないと思っています。少なくとも誰かが「オペラ」と言ったら、「全員から$50ずつもらえるカードなんです」と誰でもいいから初心者さんに説明してほしい。それくらいの気遣いはあってしかるべきだと思います。
これはむしろ、初心者を介さない交渉などでしばし見受けられます。「6軒でさせてください」「うーん、5軒が限界ですねぇ…」初心者が聞いて分かる会話とは思えません。これは是非、交渉に参加していない人が、あの人たちは今こんな感じで腹を探り合っているんだよ、みたいな感じで説明をしてあげてほしいです。
ついでに、昔から思っているのですが、特に女性の初心者さんに交渉するときに「裸でやりませんか/やらせてください?」と言ったり、カードを引いて「抱き合った!」とか言うのは駄目じゃないかと。…でんが気にしすぎてるだけ?



4.ドラマ
これは、先に挙げた項目と異なり、いつでも出来るわけではないのですけど…
初心者がいる卓では、「ドラマ」を見せてあげたいなといつも思います。ゲームの展開のことです。
少なくとも、物件が買えないでみんなの交渉に混ぜてもらえずにずるずる沈んでいくだけだったり、軒数カツカツで経営させられて、すぐ崩れていって、電水あたりになって、はい破産…なんてゲームが面白いはずが無いと思うのですよ(モノポリーが面白くなってのめり込んできた人には、それもまた勉強、それもまた楽し…なのですけどね)
かと言って初心者に、たんまりゆるゆるのスタートをさせて、みんな入ってはいおめでとー…というのもやはり面白くない。「なんだモノポリーってこんなものか」と思われたくない。「明らかに交渉でサービスしてくれたんだな」と思われたくない。

でも、単一の交渉でドラマを見せるのは難しい。昔モノポリーやってた方や、仲間内でならモノポリーやってるという方には、例えばカラーグループの転換や負債交渉などは「そんな交渉あるんですね〜」と感心してもらえるかもしれないですけど。

最近モノポリーにハマッた、という人に是非聞いてみたいです。モノポリーのどういうところが面白いと思いますか?と。自分の建てた家に人か突っ込んできて、お金をもらえるのは確かに楽しいです。でも、それはハマる要因になるのかなぁ、と思っています。もちろん、ただ勝てることが楽しいという人がいることは否定しません。でもそれって長く続かないんじゃないの?という気がします(だってなかなか勝てないでしょ?)。

でんは、モノポリーにハマッたのがもうずいぶん昔のことになるので(><)当時の気持ちを克明に覚えているわけではありませんが、ひとつは「初めて勝てた(これは研究室で初めてモノポリーをやった頃の話です)」、もうひとつは「(OMCに通いだして)激しい展開を色々見てこれた」ことではないかと思います。

では、ドラマを感じでもらうにはどうしたらいいのでしょうか。ひとつはやはり「ダイス目」でしょう。連泊や、何度も抜けるというのはそれだけで一つのドラマのように思います(でも、初心者が建てた家をみんなで抜けるのはどうかなと笑)。

もうひとつは、「負け気味の人が、交渉を重ねたりしてゲームをひっくり返したり、いい勝負に持ってゆく」ことではないかと。DBに二回突っ込んだUさんがどうしてOr9軒してるのさ〜!のような(笑)

…さて、われわれは、どのようにしたらドラマのような演出ができるのでしょうか。

あ、物件を買えないでずるずる沈んでゆくのを防ぐ為に、権利書を2枚程度先に持ってはじめるのはいいことだと思います。初心者さんだけ2枚持ってはじめてもいいかな。



5.アンケート
以降の項目は、この文章を書く際に、他に何か観点はないかなぁ、とふにょふにょ考えて付け加えました。なので、上に挙げた項目ほどモノを考えて書かれていないかもしれません。はっきり言うと「思いつきで付け足し」てます(ぇ

初心者さんが来られたときに、きちんとアンケートをとっているサークルってどのくらいあるんだろうか。OMCでは、例会でアンケートもとってたし、終わってから喫茶店なり焼き鳥屋なり繰り出すようにもしていたのですが…はっきり言って、今はサボっています(><)むむ、いかんなぁ…



6.会場
海老江ははっきり言って初心者を迎える会場としては不向きなんですよね。場所が分かりにくいし、小奇麗なわけでもないし…
会場の予約が電話一本で済むのと、他の団体さんに取られて会場が空いていないということがないので重宝しているのですけど。
以前使ってた梅田の会場が、毎回ほどよく空いてたら良いのですけどねー。うむむ。



7.女性と子供
女性は女性の少ないところには来にくいですよね。どうしたら女性のモノポラーをもっと増やせるのかは、全国のモノポリーサークルのスタッフにとっても悩みどころなのではないでしょうか。



8.次回の予定をはっきりさせておく
毎回の例会で、次はいついつにやりますよ、と言えないのはいけないことだと思います。そんなのは全国でOMCだけでしょうけど(><)
毎回の例会までに、次回の例会のスケジュールをアナウンスできないのは、単にでんのお仕事の予定がどうなるかその時点では分からないから、なんですけどね。上司にも第二日曜日は休むと公言しているのですけど、どうもね…。さすがに3月のように、いきなり倒れてしまって今月は休み…みたいなのは、もう無いといいなぁ。
| モノポリー:その他 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
自分で揃える交渉 22:06

モノポリーに不慣れな人は、とにかく交渉することを嫌がるようです。やっぱり、自分で主導権をとったのに、交渉で場違いなことを言ったり、周りから失笑を買うような行為を恐れる為であると思います。


本当は、「そんなこと気にせずにどんどん交渉して欲しい」のです。全く交渉しないで、自分で同色の物件すべてを買えたときだけ勝てるゲームがモノポリーであるなら、おそらく100回ゲームしても1回勝てるかどうかです。自分が全く勝てないゲームのなんとつまらないことか。


色をそろえる交渉をしないと、運だけで勝つのは無理。
色をそろえるべし。交渉をまとめるべし。



そこで、まず最初にできるようにして欲しい交渉は、「自分の手元に同じ色の権利書が全て揃う」交渉です。


ホントは交渉相手にどんな物件が揃うかも考えて欲しいのですけど、そんなのあとあと。
相手のことまで気にしてられませんって!


交渉のタイミングや、そのときの駒の位置も確認して欲しいのですけど、それも後回しにしましょうね。
タイミングなんて考え出したら、最後までいいタイミングが見つけられないかもです。
あなたが「いっとけ!」と思ったときが良いタイミングなのです。
交渉はなまものなのです。タイミングを逸すると腐るのです。



まずは、自分の買った物件の中から、自分の揃えたい(経営したい)色を決めましょう(別に自分が一枚も持っていなくてもいいのですけど、交渉の手数が増えてしまうので今回は考えない)。
できることならば、ライトパープル(LP)、オレンジ(Or)、レッド(Re)、イエロー(Ye)、ダークブルー(DB)を選択されることをお勧めします。


また、全部で3枚ある色で、3人で一枚ずつ分けて持っているような場合は、自分から交渉をすると、交渉が2段階は必要なので、触らずにそっとしておきましょう。


…経営したい色は決まりましたか?
別に、上に挙げた色以外がダメといっているわけではないのですよ。自分の好きな色を選択して構いません。
鉄道や電気水道は経営がややこしい?ので、はじめのうちは相手に渡してしまってもよいと思います。


さて、では。
あなたが経営しようと決めた色を全て手元に残すためにはどうすればいいかを考えましょう。
交渉のとき注意することはたった1つです(これもほんとはいくつかあるのですけど、一番重要そうなことを)。


「交渉後に自分の手元に残る金額がいくらあるか」です。


交渉をする前に(相手に具体的な話をする前に)、まずは自分が持っている現金を数えましょう。
そんなに正確に数えなくとも、50ドル単位で分かれば十分です。
お金を数えているのを盗み見ている人もいますが、いくら持ってるのかがばれてもそんなに問題ではないので気にしないでいいと思います。
ただ、机の下とかで数えるのはマナー違反なので注意してください。こそこそ数えましょう(^^)


次に、手持ちのお金から$900を引いてください。
$900ドル以上を交渉前に持っているようでしたら、余剰分は相手にあげてしまっても問題ないです。


ですが大抵の場合、あなたが持っているお金は$900より少ないです。序盤にたくさん物件を買えているようでしたら、現金が底を尽きかけていてもおかしくはありません。
そんな場合は、交渉相手に(揃えるべき物件と共に)$900に足りない分のお金ももらえるように交渉してみるのです。


さぁ、頑張って「あなたから交渉を持ちかけて」話をまとめてみてください。
上手に話をまとめて、オレンジを揃え$900持った状態になることができたら大成功です(オレンジを揃える場合、$600持った状態も許してもらえない事もあります)。
他の色であっても、$900持った状態でスタートするできるなら、交渉は成功といっていいでしょう。


あなたの提示に対して、交渉相手も色々と難癖をつけてくることもあると思います。$100減らして、とか、その色は私にやらせてもらえないか、とか。
断られたり、値切られたりしても別に気にしないでいいです。ちょっとそのときの交渉相手とバイオリズムが合わなかっただけです(^^)
あなたが物件をまとめたいと思うのと同じくらい、相手も物件を揃えたいと考えています。向こうにも都合があるのですから、交渉がまとめられないのはしかたのないことです。


ただ、交渉をまとめることができなかった場合、できれば、そのときの交渉相手に「あの時の交渉は、私の示した条件からどれくらい違うことを考えていたか」を確認してみてください。
交渉がまとめられない場合、様々な要因がありますが、それを色々な人から聞くことによって徐々に、あなたが提示できる条件の幅が広がっていきます。
$100少なかったら交渉を受けてくれたのか、タイミングが悪かったのか…相手の言う様々な「交渉を受けなかった理由」から、新しい交渉のしかたを吸収してゆくことが出来るのです。


いつまでも相手から提示された条件だけ聞いて判断するような「待ち」の姿勢では、例え勝ってもそれはただの「ごっつあん交渉、ごっつあん勝利」でしかありません。
是非、自分から色々な提示を持ちかけることができるような、能動的な交渉スタイルを身につけていってください。


少なくとも私は、それが「本当にモノポリーを楽しむ」ためには必要なことではないか、と思っているのです。

| モノポリー:初心者の方に | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
あらら。 00:57
 どうもこのブログのURLをどこかに貼った人がいると、今日出かけた折に聞きました。
まぁ、みられたくないのなら日記帳にでも書けばいいわけで、そこは問題ではないのですけどね。
# でももう少しひっそりと放置しておいて欲しかったかも(><)

ただ、協会からの造反?離反?←おいらが見たわけではないので聞いた話をそのまんまですけど
どうしてそういうことになるのな・・・

まぁ、誤解?されたままでもなんなので、思ったまんまを書くのね。
ただ、これを元手に誰かを攻撃しようとかそういう意図は全く無いので、そういう話題のところに「あいつはこんなん書いとったで」と、もって行くのは勘弁ね。
争うのはサイコロで(^^;

えと。
そりゃあ、やっぱり連休の日曜日にやりたかったよ。だっておいら参加したいもの。
おいら毎月確実に休めるのが第二日曜だから。

ただ、スポンサーの顔を立てないといけない(?)という理屈は十分納得できるものだし、協会に主導してもらって大会をした方が、一般参加者へも広がるというのも理解しているつもり。

・・・と、理屈では理解できるけど、心情的にムキー(><)だったと。


話が急に変わるけど。
おいらは、例会や大会などの運営に関しては、ずーっと名古屋のTomyさんを師と仰いでいます。
(とはいっても、おいらには到底Tomyさんのようには出来そうにないですけど(^^;;そのことも一度書いてみたいなぁ・・・)

で、学生の頃名古屋に行ってはTomyさんに色々教えていただいていたのですけど、その中に「運営者は、自分がどうして会を続けるのかを考えないといけない」と教えていただいたことがあります。
自分が遊びたいからでも、会誌を出したいからでも、人それぞれ理由があるはずだ、と。

おいらは、「おいらと楽しくモノポリー遊んでくれる人を増やしたい」でしょうか。
出来ればTomyさんのように、スタッフを揃えて、自分は指示を出すだけで・・・というのが理想なのでしょうけど、おいらにゃそれはまだ無理無理(^^;


・・・で、その視点で考えると、
「おいらが参加できる日に大会をしてほしかった」というのは、いつわらぬ気持ちであるのですが、それと同時に「協会が大会をした方がモノポリーの裾野が広がるのであれば、協会に仕切ってもらった方がいいなぁ」というのも本心でして。
# おいらが参加しない方が裾野が広がるんじゃないの?というのは勘弁(><)

なので?まぁ、今回のことは、正直、仕方なかったなぁと思うことにしています。

・・・こんなんでOKかな?
ようはおいらはそんなに怒ってません、と。参加できなかったので拗ねているだけです、と。


ただ、ついでなので。
日程調整&アナウンス遅くないかい?というのはあえて一般参加者としての?視線として苦言を呈しておきたいです。
前の大会が終わってからでないと次のイベントのアナウンスが出来ないのかな、とは思うけど、それでも一月以上前からアナウンスはして欲しいと思うよ。みんな仕事や家庭のスケジュールあるだろうしさ。
| 雑役係の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
久しぶりに書きます(>_<) 02:51
 誰も見ていないと思うので、ここに愚痴を書いてしまいます。
ごめんなさい。
一本の電話に怒り心頭なのです。

大会、第二日曜日に出来ないって、どういうことやねん!
月曜か次の日曜ってか。
次の日曜に実施するなら、第二日曜にOMCカップやるってーの。
どうせシード権無いんだしさぁ(ちょっと嫌味)。

こんなんやったら11月に協会の様子うかがったりせんと、そのまま会場とっておけばよかった(>_<)
気を利かせたつもりでお伺い立てたのが間違いやったんやろうか・・・。

あーもーはらたつ。むきー。
| 雑役係の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
そして今日はOMCの例会の日なのです。 03:57
今日は久しぶりにバスで行きます。

…朝7時発で(爆)

うーあー
バスの中、爆睡ですなぁ・・・

たくさん人が来てるといーなー♪
| 雑役係の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
相手の懐を探る 03:52
おいらは、交渉相手の持つ金額を聞くような交渉が嫌いです。
(自分から「私はこれだけしか持っていないんですよ〜」と告白する、いわゆる正直戦法は別です)

モノポリーでは、自分の持っている現金の量を相手に教える必要はありません。
ですが、最近「何ドル持っているか教えてくれないかなぁ」と、相手に現金の開示を求めたり、中には直接的に「何ドル持ってますか」と問うような人にも出くわします。

おそらく、そういう人の多くは、悪いモノポラー?ではないのです。
相手にも自分にも周りにもある程度配慮して、波風立てない?ようなバランスの取れた交渉を目指してのことだと思います。
初心者さんがいるときは、そういう風にしてくださるほうが場が荒れることが少なく、助かるというのは否定しません。

でも、それって、実は交渉の幅を狭めているのではないかな?と思います。
相手の持っている額を聞いてしまうと、そこから帰結される交渉内容って、ある程度決まってしまいませんか?
それでは交渉が面白くなくありませんか?

また、相手の額を聞くだけ聞いておいて、色々話した結果、交渉がまとまらなかった場合、金額を聞かれたプレイヤーは交渉をまとめられなかったにもかかわらず自身の手持ち現金を全プレイヤーに知られてしまうことになりはしませんか?
自分も言ったしいいんじゃない?というわけにもいかないでしょう。

全部がダメとは言いません。
戦略の一環?として、意図的に額を聞くような状況もあります。
例えば、自分が全色押さえ、その上鉄道を3枚くらい押さえているのなら、聞くこともアリかなと思います(わざと横柄に)。ようは、「そっちが誠意を見せないと、交渉断っちゃうもんね〜」というような状況のときですね。


もうひとつ。
「750ドル残しで赤やりませんか?」みたいな交渉の持ちかけ方もおいらは嫌いです。
最近、おいらは現金をいくら残して経営されませんか?という類の交渉は、額の如何によらずすべて断るようにしています。

【どうしてここまで溜め込んできた隠し預金を馬鹿正直に吐き出してまで、そんな足元を見られたかのような、完全に管理下に置かれるような交渉を受けないといけないのですか。】

そのくせ、750ドルでやらせるといったくせに、相手に750ドルも無いと分かるとやっぱりやめた〜というような交渉をする人。オイラから見たら、退場モノ?です。

それならあなた相手には100ドル200ドル高めに話をしないといけませんよ」と言われたこともあります。
おおいに結構。毎回の交渉で、それをキチンと判断しきれるようなモノポラーに、おいらはなりたいのです。
# こちらも、あなたはそういう(毎回100ドル多めに言う)人だと認識しますし。

ま、「750ドルでスタート」交渉の何が悪いのかと言われたら、
その提示をした人が結局いくらもらえるのかを確認しないまま、二人で交渉を終えてしまうことがある。
例えば「黄色五軒でスタートできる」という安心感で、相手に渡す対価を良く考えもせずに乗る人がいる。
うそがつける。

の3点でしょうか。
については、以下のような例を考えてください。

Aさんは自分の手番の後、750ドル残して黄色を揃えないかという提示を受け、そのときの持ち現金を数えて、残りの額と物件をBさんに渡す→Bさんは次の手番でボードウォークに突っ込んで、500ドル足りずに破産→再びAさんがふり、危険地帯を抜けたので黄色に建てようとして、手持ち現金の中に500ドル紙幣が一枚隠れていたことに気づいた。

500ドル読み間違ってたBさんの功罪はこの際置いておくとして(^^)
この500ドル、どうします?
交渉前までにも、戻すに戻せないでしょ。

じゃあ、この箪笥500ドル事件がAさんが意図的に行ったことだとしたら?
うそがつけるってのはそういうことなのですよ。

感傷的な意見ですけど、【…】に書いたことがおいらの本音です。

モノポリーは経済を学ばせるための題材として用いられることがあるらしいですが、どこの会社同士の交渉で、「あんたのところ、2億円でこの事業始めてみない?のこりはうちにくれ」っていう交渉があるんじゃー!って、毎回交渉を見るたびに思うのですよ。
| モノポリー:ちょっとモノポリーが面白くなってきた方へ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by omc-monopoly -
| 1/2 | >>